最新 更新








ELEKTELはUekenとpolymoogによるハイブリッド・ラウンジユニットです。

最新情報はこちらにも表示されます。表示されていない時はココをクリックして下さい。

[PUBLICITY] 月刊「プラスミュージック」で連載開始

Last update on February 07, 2010 22:40

エンタテインメント情報マガジン月刊「プラスミュージック」の7月号から、「エレキテル新聞」という連載が始まりました。

ウエケンがコラムと、ディスクレビューを書いてます。 全国のZEPP、全国の有名CDショップ等にて無料配布中(フリーペーパー)。 PLUS MUSIC

[PUBLICITY] 雑誌「TITLE」でELEKTELの曲が紹介

Last update on February 26, 2010 06:17

雑誌「TITLE」8月号のスター・ウォーズ特集でELEKTELの曲"Planet Airways Starspeeder3000"が紹介されています。

「音で楽しむスター・ウォーズ」のページで"Planet Airways Starspeeder3000"がスターウォーズをリスペクトした曲として載ってます。 ちなみにCDジャケットの裏にもStarspeeder3000があるのは気づいてましたか? TITLE

[PUBLICITY] ELEKTEL@ニュース23スポーツコーナー

Last update on July 03, 2010 18:36

ELEKTEL@ニュース23スポーツコーナー

TBSのニュース番組、筑紫哲也の「ニュース23」のスポーツコーナーのオープニングでELEKTELの「Planet Airways Starspeeder3000」がONAIR中です。


[PUBLICITY] All About テクノポップELEKTELインタビュー

Last update on January 02, 2017 07:32

All About テクノポップELEKTELインタビュー

2005/4/4のAll About テクノポップにELEKTELインタビューが掲載されました。


[PUBLICITY] 日本のインディーズの曲がiTunes Music Storeで発売

Last update on October 10, 2012 07:39

日本のインディーズの曲がiTunes Music Storeで発売

2005年2月21日、英Sonic360レコードはiTunes Music Storeで日本のインディーズのコンピレーションアルバム"Beatwave Japan"をリリースすると発表した。

日本版iTunes Music Storeは開始していないため、海外レーベルと契約しているメジャーアーティストを除いて、インディーズがiTunes Music Storeでリリースするのは今まで極めて難しかった。

Beatwaveは新しいポップミュージックを紹介するシリーズですでに「Beatwaveアルゼンチン」がリリースされており、「Beatwave Japan」は第2段となる。このアルバムには、ELEKTEL(エレキテル)、Pyokn(ピョクン)、7 O'Clock Shadow、TReMoReLa、Kousuke Ogawa、Y-SoniQ、Sportscutの楽曲が収録されている。

参加アーティストのうちELEKTELはNEOPLEXレーベル、PyoknはValbレーベル、とそれぞれ国内レーベルからアルバムをリリースしており、今後Sonic360レコードから曲をリリースするかは未定。

なおELEKTELのニューアルバムにはiPodをリスペクトした曲"I Love Pod"が収録されているが、アップル社とは無関係という。

過去に"Beatwave Japan"収録曲をアナログレコードでリリースした日本のレーベルAstronoteレコードは「日本のインディーズとしてはiTunes Music Store一番乗りだと思うのでとても嬉しい。もしすでにiTunes Music Storeでリリースしたインディーズがいたら教えて欲しい」と述べている。

Read more...


[PUBLICITY] 「大人の科学」でELEKTELが紹介!

Last update on July 22, 2017 12:42

「大人の科学」でELEKTELが紹介!

学研が発行している「大人の科学マガジンVol.04」の電子ブロックのページでELEKTELが紹介された。ELEKTELは日本発の電子ブロックミュージシャンとして楽曲の作り方からライブの方法や電子ブロック改造法まで大公開している。ELEKTELは以前からライブや楽曲で、科学実験用玩具電子ブロックを使っていたが、それを見た学研の担当者に依頼されてELEKTELのウエハラが情報を提供したもの。ふろくとして鉱石・ダイオード付きラジオキットが付属していて、雑誌の内容もマニアックでそそられる記事が多いので、ぜひ手にとってみて欲しい。